様々な場所で働く事が出来る!保育士という職業

2016年4月24日

子供の教育に欠かせない保育士の役割

小さな子供を預かる場所は保育園のほかにも幾つかの施設があります。特に、障害を持つ子供を預かる施設や病床を完備した医療機関では保育士が小さな子供に援助を提供しています。その為、保育士の有資格者は保育園に加えて医療機関や養護施設で働く事が出来るんですよね。やはり、医療機関や養護施設では健康状態等に問題がある子供のケアを担う事もある為、専門性の高い知識が要求されます。その為、これらの求人先で働く際には職務経験が重視される事が基本です。

保育園や幼稚園で働く際の専門資格の違い

保育園に勤務する場合は保育士の専門資格が必要です。また、幼稚園で働く場合は教員免許の一種を取得する事が要求され、異なる専門知識が要求される仕事となっています。保育園は昼間の時間帯に子供を預かり日常生活に必要な支援を提供する施設だけではありません。保育園には夜間に子供を預けられる特殊な運営形態の施設等も見受けられます。従って、保育士の勤務時間や雇用形態は求人先の施設により大きく異なる事が特長の一つとされています。

保育士の雇用形態の違い

保育士には幾つかの異なる働き方があります。とりわけ求人数が多くなりつつある雇用形態に派遣があり、派遣社員として働く保育士が増えていることが特徴です。派遣社員として働く場合は予め雇用条件が明確に決められ、その他にも就労期間が限定されています。また、事前に派遣会社に登録をして勤務先に対する希望条件を細かく伝えておく事も重要です。その為、何らかの事情で正社員として働く事が難しく、短期間のみ働く事を希望する保育士には理想的な働き方となるでしょう。

待機児童の問題などから保育士の求人は高まっています。国会でも現在議題にされていることもあり、今後保育士の給与の引き上げも行われる見込みがあります。