介護の仕事をする為に求められることといえば

2016年8月24日

介護職員初任者研修が大事です

介護職員初任者研修と言うのは、昔はホームヘルパーと呼ばれていたものです。それも二級に該当するものです。これは介護の仕事をするためには最低限、必要になる資格です。別に資格がないとできないこと、というのはないのですが、とりあえずこれが必要になりますから覚えておくことです。言うまでもありませんが、結構簡単に取得することができます。平日もみっちりと講義を受けるのであれば、二週間くらいで出来るほどなのです。

介護の仕事に求められる資格

介護の仕事で必要になってくるのがこの介護職員初任者研修というものです。これは要するに昔で言うところのヘルパー二級です。これがあればとりあえず介護の基礎はできる、ということになります。これはあくまで最初の段階です。教育というものは、段階的に知識や技術を習得するようになっているものです。つまりは、このあとにもまたまだ資格はある、ということです。平日も講義を受けるのであれば、二週間くらいで取得できるものです。ですから、簡単に取得できる資格ではあります。

ホームヘルパー二級との違いについて

土日だけですとどうしても二ヶ月くらいはかかることになりますが、それでも資格としては非常に簡単に取ることができるものであるといえます。ちなみにヘルパーのときと違って、実地研修がなくなった、ということが特徴として挙げることができます。これは人によってはよいことです。或いはよくないことでもあります。その分、座学が増えたわけですし、その上、試験もやるようになったのです。この試験に合格しないといけない、というスタイルはヘルパー二級の時にはなかったのです。

介護の求人を横浜で探すために、優秀なスタッフが揃っている施設の見学をすることや、転職サイトに登録をすることが有効です。