イベントコンパニオン派遣を要請するときの着眼点

2016年12月22日

イベントの中身を詳細に言及する事が大事です

イベントコンパニオン派遣を要請するとき、派遣会社に対してイベントの中身をきちんと伝達しておくことが求められます。展示会、あるいはパーティーなど、イベントにはバラエティーに富んだバリエーションがあります。イベントのスケールによって、絶対必要なスタッフの頭数も変わってくると想定されます。イベントの中身が固定されていないと、スタッフが何人必要不可欠なのかも的確に見極められません。派遣会社へ頼む前に、イベントの中身をきちんとまとめておかなければなりません。

スタッフの選定について

イベントコンパニオン派遣を申し込んだら、現実の上で派遣して貰うスタッフを選択しなければなりません。まず第一に派遣会社よりイベントの中身にマッチするように、候補となるスタッフをリストアップしてもらいます。プロフィールを余すところ無く見極めて、適任だと考えるスタッフを選んでいくことが大切です。派遣会社によって、決定を自動で依頼することも実現出来ます。多様な経験を積んだスタッフが取り揃えられているのは、とても頼もしいといえます。

契約を取り交わして本番に対する準備をすること

派遣していただくスタッフが確定したら、契約を取り交わして本番に対処できるようにするという仕組みです。本番の日は決めた時間にスタッフに来て貰えるので、こちらサイドからコンタクトする必要性もありません。仮にトラブルがあった際にも、派遣会社が間をおかず応じてくれます。スタッフはあらかじめイベントの方向性を認識しているので、ミーティングもすぐに終了するでしょう。イベントコンパニオン派遣をお願いすれば、イベントを効果的に回すことが可能になります。

イベントコンパニオンの派遣をする場合には、モデル事務所に依頼をするのが手軽です。モデル事務所は数多くのコンパニオンを派遣しています。