薬剤師になろう!なったら選べる働き方とは

2016年12月22日

薬剤師になるにはどうするか

医薬品を扱えるプロとしての役割を果たすのが薬剤師であり、国家資格として認められています。資格を持っているだけで働きやすくなりますが、どのようにして免許を取ることができるのでしょうか。基本的には総合大学の薬学部や薬科大学に入学して6年間の教育課程を受けなければなりません。注意が必要なのは4年制の学科もあることであり、6年制の学科を選ばなければ原則として国家試験を受けられません。その後に国家試験を受けて合格すると薬剤師になれます。

薬剤師になったときの働き方

薬剤師として医薬品のプロになると働き方は様々にあります。常勤で働くのを選ぶ人が多いですが、それは安定して収入が得られることに加えて、責任のある仕事に携わりやすいやりがいがあるからです。一方、パートやアルバイトも広く募集されています。未経験者も募集されていることが多いので、初めて働きたい職種を選ぶときには入り口にすると良いでしょう。また、派遣薬剤師も広く募集されていて多くの職場で重宝されているのが現状です。

働き方はいつでも変えられる

薬剤師の働き方は自由に変えていけるのがメリットです。その働き方の人材も重宝されているため、どれを選んだとしても仕事を失ってしまうようなリスクはありません。常勤で働いてきたけれど、これからは派遣で働きたいと思ったら簡単に切り替えができます。特に派遣はそれまでの経験が少しでもあると有利に仕事を獲得できるので、他の働き方から切り替えるには適しているでしょう。自分のライフスタイルに合わせて好きな働き方を選べるのは薬剤師のメリットです。

薬剤師は人手不足と言われています。そのため、薬剤師の派遣は手厚い手当や好条件が期待できるものが多く、メリットが多いです。